感覚を麻痺させ性行為を継続させる

リドカインが早漏の改善に効果があるとして男性の間で注目されていることをご存知でしょうか?

早漏防止に何故役立つのか、その薬そのものについてみていきましょう。

ジェネリックとは後発薬のことであり、先発の最初に作られた薬と全く同じ成分で同じ方法で作られているのですが、最初に研究にかかった費用などがないということで先発薬より安い値段で取引されていることで知られています。

ジェネリックを使用したことがない人は、効果が薄いのではないかと思っているかもしれませんが、名前は違いますが本製品と同じなので、いわゆるキシロカインと同じ働きをしますので、効果があります。

通常は手術、検査をする際に皮膚の表面に塗ることでその部分に麻酔をかける場合に使います。麻酔を局所的にかけたいという治療などでも使用することがあります。

痛みが伝達する場合にそのプロセスを止めることで痛みは脳に伝わらなくなるので、負傷している部分の痛みを伝えないように、感じないようにするために使用することもあります。

足の怪我をしているならその局所の周辺を麻酔することによって痛みがなくなるという仕組みです。

何故早漏に効果があるの?
痛みとは関係ない早漏になぜ効果があるのでしょうか。その理由は、早漏はペニスへの刺激がすぐに伝わってフィニッシュにいたると考えます。ですから、ペニスに感じる刺激をあまり感じなくさせればいいのです。そのことからこの薬をペニスに塗れば刺激は局所的に感じなくなりますので、早漏が防止されるという流れになります。

人より感覚が感じすぎることが原因でフィニッシュするタイミングが早いと考えられますので、感覚を麻痺させればいいという考え方です。薬を塗って女性と性行為をしても大丈夫なのかと心配する人もいるのですが、コンドームをつければ問題ありません。

もしつけていないと女性の性器内にもこの薬の成分が入ってしまいますのでこれはよくありません。コンドームは使用しましょう。

この薬のメカニズムやどのような働きを持っているのかということはある程度理解してもらえたでしょうか。難しい話ではないので、ただ刺激を感じにくくするという薬です。安全に使用することができます。